あまの気合ブログ

世間の流れを読むブログ

*

世界仰天ニュース!藤井将雄31歳肺がんで他界!最後のメッセージ

   

31歳という若さで肺がんになり亡くなったプロ野球選手がいました。

背番号15番福岡ダイエーホークスの選手です。

名前は藤井将雄さんという方です。

藤井将雄

藤井さんの最後のメッセージを紹介します。

世界仰天ニュースで紹介されますが少し気になりました。

皆様へ

今の自分があるのは、過去から現在において出会ったすべての人のおかげだと思います。

その中の誰一人がかけても、今のこの幸せな自分は存在しませんでした。

だから、すべての人に感謝しています。

プロ野球選手はまわりの人々に夢と希望を与える職業だという人がいます。

でも、ボクは逆です。たくさんの人から夢や希望、エネルギーをもらってきました。

そのことがうれしかったんです。

6年前の入団発表のとき、王監督を胴上げしたいと抱負を述べました。

その願いも去年のリーグ優勝と日本一で無事に達成できました。

そして、今年はチーム全員で頑張ってつかんだV2。すばらしい野球人生だったと胸を張れます。

この病気には自分自身、すごく勉強させてもらいました。

孤独や優しさ、思いやり、不安。人間の本当の感情に触れることができました。

今までのボクは上っ面のとこしか見えてなかったんだなとも思いました。

すべては、この病気が教えてくれたことです。

この一年間、ゆっくりと休ませてもらいました。

あらためて野球を頑張ろうという気持ちにさせてくれた中内正オーナー代行はじめ球団の方々、

王監督、チームメートの皆、感謝の気持ちは忘れません。

そして、生きる希望を与えてくださったファンの皆様、ありがとうございました。

これからもダイエーホークスを応援してください。

藤井 将雄

 

 - テレビ関連