あまの気合ブログ

世間の流れを読むブログ

*

小森のおばちゃまの現在は?テレビから消えた理由とは?!

   

小森のおばちゃまがテレビから消えた理由とは?

小森のおばちゃまをご存じだろうか??最近の若い方は知らない方が多いと思います。

30代の私も、10年以上前にテレビで見たっきりですからね。現在は何をされているのでしょう??

小森のおばちゃま

小森のおばちゃま



小森さんは、本名は小森和子さんといいます。1909年11月11日生まれ。職業は映画評論家、タレントです。

1947年に「映画の友」の編集部に入り、当時編集長だった淀川長治の勧めもあり映画評論活動を開始する。

淀川長治

淀川長治


淀川さんは既に他界をされていますが、テレビで映画放映するときの冒頭に結構、出ていたと記憶しています。

最後は「さよなら、さよなら、さよなら」が口癖でした。

小森さんは、1995年3月に顔に火傷を負ってしまいました。このことが原因でテレビ出演などの公の場に、出なくなったようです。

火傷を負う前までは、バラエティ番組などに多数出演していたり、自分のことを「おばちゃまはねー」の口癖、玉ねぎ髪型など個性的なキャラクターでお茶の間には人気がありました。

そんな小森さんでしたが、晩年の10年はパーキンソン病や認知症、うつ病などで自宅療養生活を送っていたそうです。

最後に公の場に姿を現したのは1998年11月に淀川長治さんの葬儀に出席したときです。

小森のおばちゃまは現在はすでに他界をしております。2005年の1月8日に呼吸不全だったとのことです。

小森さんの映画評論は独特で非常に面白かったです。他界して、9年以上になるのですね。早いもんだ。

 - テレビ関連