あまの気合ブログ

世間の流れを読むブログ

*

モロッコ・サハラ砂漠の火星の隕石は時価6億円なのか?!

   

モロッコの隕石は6億円なのか?

宇宙には無数の小惑星があります。時おり地球の方に落下してくる場合もありますが、そのほとんどは大気圏内で燃え尽きます。

しかし、大きさがある物については燃え尽きず地表に落下してしまうことがある。世間一般にいう隕石というやつです。

この隕石がモロッコで発見され、更にそれは火星の隕石ということだから驚きです。

疑問は火星には人類がまだ着陸していないに何で火星の隕石って解るのだろうか・・。突っ込みはそれくらいにして続きを・・。

2011年12月にモロッコで隕石がみつかりました。隕石は複数有り大きいものは1kgほどある。

落下してから早い段階で採取できた様で、地球上の物質の付着物が少なかった模様。

この隕石の分析を進めて火星の物資と判明したようです。

 

モロッコ隕石6億円?

モロッコ隕石6億円?



とまぁ、ここまでは普通の話ですが、この隕石は非常に高値で取引されるようです。

ネット通販で火星隕石で検索したら普通販売してました。金額は税抜きで24万円から30万代とありました。わりかし小さい石で24万ですから大きいものになると6億円もあり得る事ではないでしょうか?

世界の富豪たちは趣味にお金をケチらないですから・・。値段がつり上がって6億円にもなったのでしょう!!

個人的に思ったのが隕石が大きいから6億円なのか?元の隕石に何かかしらの付加価値をつけて6億円なのか?ということです。

過去の新聞記事等では金(きん)の取引価格の10倍以上で売買されたこともあるよう。

モロッコの遊牧民がお小遣い稼ぎに販売した例も?!

 

でも、本当に火星の隕石なのか?ってことだよな!現地の遊牧民から買うなら!(*^ワ^*)

 

6億円の詳細は2014年10月25日放送の世界ふしぎ発見で特集ありますよ!気になる!

おススメ記事→アトランティスは中国にも有った?千島湖の秘密!

 - 自然関連