あまの気合ブログ

世間の流れを読むブログ

*

借金660万!任意整理なのか個人再生できるのか?体験談その2

   

個人再生への体験談

前回に体験談のその1を投稿してから5か月ほどたちましたので現状を報告します。

何とか生きています。

11月に弁護士事務所に相談し次の週には債権者(主にクレジット会社、銀行系)に受任通知を送って頂き直接の取り立て電話等は来ないことになりました。これでも精神的にはかなり楽になりました。

今の作業としては月の家計簿を毎月弁護士事務所に送付をしていることと、財産目録を作成するための書類を集めて都度送付しているところです。

これは個人再生をするときに裁判所に申し立てを行いますが、最低3か月分の家計簿が必要となります。それに加えて財産目録やその他挙証書類が必要となります。個人再生は負債額の5分の1又は清算価値分の財産を返済しなければなりません。私の場合は清算価値分として生命保険、子供の学資保険、退職金の8分の1等が有るので単純に5分の1にならないことが辛いところです・・。個人再生は財産が無ければ無いほど返済額が低く抑えられます。まーこの辺りは専門のサイトを検索してみた方が良いと思います。

家計簿をつけていての感想ですが、つける前と比べて食費等の管理がしっかりできるようになったこと、外食を余りしなくなったこと、これに伴い安い食材ばかり食べているので少しダイエットできたことでしょうか?!。これは良い習慣なのかなと思います。辛いところとしては、出張等で外食したくないのに同僚がいるがために無駄に出費をしてしまうことや、歓迎会や忘年会で二次会に捕まったときですね。昼食は地方だと安くても800円から1000円ほど、飲み会の二次会は2500円から3500円ほどと無駄に出費をしてしまうので、かなり苦痛です。今だと1000円あれば軽く1週間は耐えられるのでお金をドブに捨てているようで本当に辛いところです。本社から出張で誰かきたときは必ず飲み会で参加しろ的な雰囲気が特にストレスとなります。会社の経費で支払いはできませんし・・。

今月に裁判所に申し立てをすると弁護士事務所から連絡がありました。いきなり却下とかされないか本当に心配になってきます。

何が心配かというと裁判所で却下されたときに債権者は給与の差し押さえの訴訟に動く可能性があることです。こうなると会社に借金のことがバレてしまうので詰みとなってしまう・・。

個人再生への今までの流れ復習

自転車操業で何とか毎月返済していたが限界が来る。



ネットで借金の相談ができそうなところを検索し相談し東京の弁護士事務所に相談無料



正式な依頼の前に東京の弁護士事務所に来いと言われる、私は地方都市なので地元の弁護士がいないか弁護士ドットコムで検索し地方の弁護士事務所に相談後正式に依頼をする。

※ネットで検索するとランキングサイトが出てきますが上位はほぼ東京近辺、地方に住んでいるなら地元の弁護士の方が良いと思います。わざわざ東京で依頼する必然性が無い。相談員のお姉さんに突っ込んでみましたが「我が事務所は再生件数(実績)が多いです」という回答がありました。それでも東京まで行くという選択肢は私にはありませんでしたし、弁護士ドットコムの情報で個人再生や自己破産を経験している弁護士事務所だったので地元にきめました。



家計簿と清算価値分の挙証書類を弁護士事務所に提出←今ここ

また、動きがあれば更新をしていきたいと思います。

 

 

 

 - 任意整理?!自己再生?!道を間違えた男